■ 私たちの会社について ■ 特定商取引法に関する表示 ■ English

■ HOME ■ GummyWaxラボ ■ GummyWaxの取り扱い / ノートQ&A ■ GummyWax販売 ■ Candle Worker's Infomation ■ お問い合わせ


HOME > ノートQ&A  >ワックスの保存など



ワックスの安全性 ---



GummyWaxの主成分は高度に精製された日本製のミネラルオイルで、 食品添加物公定書および医薬部外品原料規格2006に適合した、人体に対して安全性の高い高純度のミネラルオイルです。

GummyWaxはこのミネラルオイルに熱可塑性(熱によって液状と個体を行き来するという物性)を持たせて キャンドルの制作や正常な燃焼に特化するように開発したワックスです。

常温では非揮発性および非水溶性であり、通常の使用条件では酸化されず、経時変色もない、化学的・生物学的に安定した物質です。

GummyWaxの安全性について教えてください--


キャンドルは芯に火を灯します。 灯した火が周囲のワックスに引火しないと言う事が必須条件です。

"他社の透明ワックスと混合した場合"

当社ラボでの燃焼試験では他社の透明ワックスと混合した場合、そのほとんどに激しい引火の傾向がみられました。

これは融点(流動点)や化学組成などの違いによるものと思われます。

他社のジェルワックスとの混合は、引火の可能性があるため、大変危険ですので絶対におやめください。

一方で、GummyWaxと固形ワックスを混合すると、透明でもなく固体でもなくお互いの特徴を潰しあったものになってしまいますが、混合するのではなく 数10度もあるお互いの融点の違いを上手に利用して、それぞれの特徴を生かして組み合わせればユニークなキャンドルが創れそうです。








GummyWax®原材料の適用法令について

GummyWaxの主原料は高度な精製過程によって不純物を徹底的に除去したミネラルオイルで
市販のベビーオイルをはじめ、様々な化粧品の配合成分に用いられてきた実績がある食品衛生試験に
合格した高純度の無色透明な液体です。

このミネラルオイルは引火点が251℃以上と高く、危険物指定の対象外です。

消防法では 指定可燃物 可燃性液体類 (指定数量 2 立方メートル)。
船舶安全法 では液体危険物 非該当、 航空法では非危険物 となっており、ゲル化剤についても
各法非該当のため、一定量の保管・取扱い・輸送時における危険物には該当しません。

当社では国内輸送や海外への輸出も行っております。

新しい素材のため、航空輸送や展示会、輸出など、原材料の性質についての説明や安全性について
客観的な証明を必要とする場面があるかもしれません。

そのような場合はGummyWax開発メーカーとしてサポートさせていただいております。





Facebook [GummyWax Lab]



Facebook [富良野キャンドルシップス]



HOME |  私たちの会社について |  GummyWaxラボ | GummyWaxの取り扱い |  ノートQ&A | GummyWax販売 |
| Candle Worker's Infomation  | 特定商取引法に関する表示 | 問い合わせ |

那須野photo
フッダ