作家紹介|S A V Y (サヴィ)





弊社で開発したGummyWaxを使用してくださっている キャンドル作家さんのご紹介ページです



全国のGummyWaxを使用していただいている作家さんの中から・・・
名古屋でご活躍の [S A V Y (サヴィ)] を主宰しておられる「松 永 明 子(Akiko Matsunaga)」さんです。

静かで美しいキャンドルは 松永明子さんの人となりを感じさせてくれます。 

難しいワックスの素材ではありますが、独自の研究工夫をし 技法をご自分のものにされてきた事は、 キャンドル製作への情熱の証であると思います。 新しい講座のメニューとしても注目していただき、今後の活躍が期待されている作家さんの一人です。 ご寄稿ありがとうございました。





S A V Y (サヴィ)さんのホームページより


|S A V Y 主 宰 |

松 永 明 子 Akiko Matsunaga

会社員として働いていたころ、キャンドルと出会い、制作を始める。

師のもとでのアシスタントを経て、2010年、SAVY をオープン。 

講座を開講し全国に講師・キャンドルデザイナーを育成するほか、

企業でのセミナーや、ウェディング、オーダーキャンドルの制作など、

幅広く活動している。(ホームページより)




寄稿いただいた写真とご感想(全文)
≪グミワックスと出会って≫

教室での新しいメニュー作りをしている中、グミワックスと出会いました。

透明でジェルワックスのようだけど、グミのように硬くて自立する! 

今まで触ったことのない素材、これは教室の生徒さん達にも喜んでいただけそう!と作品作りに没頭しました。

教室でのレッスンを行うと、受講生からは驚きの声。美しいクリアな質感の虜でした。

受講生もまた、グミワックスの新しい作品作りに挑戦しています。
様々なアイデアで、キャンドルの可能性の輪がどんどん広がっていることを感じています。

≪作品について≫

グミワックスは、型への流し方やタイミングによって、様々
な表情のキャンドルが出来上がります。

作品では、透明感のあるガラスのようなイメージを表現
しました。

植物や貝殻などを閉じ込めたり、好みの色を組み合わせたり
インテリアとして飾り、火を灯して楽しんでいます。

日が落ちてから、部屋を暗くして灯すキャンドルの
炎が反射してきらめく光、ずっと眺めていたくなります。

今後も、グミワックスの持ち味で、彩り豊かな作品作りに
挑戦していきたいです。


HP  http://www.savy.jp/
FACEBOOK  https://www.facebook.com/savycandle/
Instagram  https://www.instagram.com/akosavy/




那須野photo
フッダ